絶対審査が通るカードローン
どよ~ん
・どうしようお金がない…
・カードローンを利用したい。
・でも、審査に通過するか不安…

どうしてもお金が必要な状況。このような場合に考えられるのが借りて用意するという方法です。

カードローンは比較的早めにお金を借りられることから、緊急事態の際にも役立ちます。

しかし審査に通過しないと利用できません。今回は審査が不安な人に向けて、カードローンの審査について解説します。

絶対に通るカードローンの審査はない

カードローンの審査に絶対通るという保証はありません。申込者に対して、きちんと返済することができる人物か確認する事は法律に定められています。 金融期間には法律を遵守した上で、貸付を行う義務があります。

「審査なし」「絶対に通る」と謳う闇金業者には申し込んではいけない

絶対に審査に通ると宣伝する金融業者は危険です。もし闇金だった場合は法律を超えた高金利、違法な取り立てなどのトラブルに巻き込まれる恐れがあります。

法外な利息を得るため、わざと完済できないように顧客を追い込む事があるのです。 借りる前は丁寧な言葉遣いでも、返済が困難になると豹変します。 1日に何度も電話をかけてきて、言葉で脅すような手口を用いてくる事があります。 正式なカードローン業者であれば厳正な審査を行っているため、絶対に通るとは言いません。

もし闇金を利用してしまった方は弁護士に相談

もしも、すでに闇金を利用してしまい被害を受けている方は、闇金問題に強い弁護士へ連絡をしましょう。弁護士は、闇金問題の専門家ため速やかな解決に繋がるでしょう。

闇金の取り立てを辞めさせる!ヤミ金問題が即解決

正式な金融機関へ借入れの申込みを検討しましょう

審査に通過できるか不安であったとしても、審査なしを謳いながら、法律を遵守しないで貸付を行っている業者を利用してはいけません。法外な金額での返済を要求されたり、悪質な取り立てをされてしまう結果が生じてしまう恐れがあります。 申込者に対してきちんと審査を行ったうえで、法律を遵守しながら貸付を行う正式な金融業者を利用しましょう。

カードローンでは申込者に対して短い時間できちんとした審査が行われる

カードローンは保証人や担保なしが原則となっています。金融機関は申込者に対して、きちんと返済できる人か見極めをしないで貸してしまうと、貸し倒れのリスクが高くなってしまいます。 審査を経て、1人1人の状況に応じた借入限度額の設定をすることで、金融機関が貸し倒れを防止できるだけでなく、利用者側が返済不能に陥ってしまうリスクを防ぐことができます。 また、カードローンの中には比較的短い時間で審査が終わり、その後、すぐに借入れできる金融機関も多くあります。

カードローンの審査で確かめられる3つのポイント

カードローンの審査基準は、公表されることはなく、金融機関ごとに異なります。 ただし、審査を受けるうえで3つのポイントがあります。 まずはこれから解説するポイントと、自身の状況を照らし合わせて申込みを検討しましょう。

ポイント1|安定・継続した収入があるか

カードローンの申込み時には年収や勤務先、勤続年数、雇用形態などの欄があります。 これらの属性を元に審査を行い、収入が安定しているかどうか判断しているのです。 また、重要になる点が勤続年数です。 収入が高いか低いかだけではなく、継続しているかが重要になりますので勤続年数が短い場合には、審査に落ちてしまう可能性があります。

ポイント2|他社での借入れが多くないか

個人への貸付は、年収の1/3までに制限をされています。 これを総量規制といい、貸金業法で定められているため、消費者金融業者に適用されています。 他社で多く借入れをしている場合、この総量規制により審査に通らない場合があります。 また、過剰融資が問題となったことを背景に、本来であれば銀行法が適用される銀行系カードローンにおいても、自主的な規制が進められています。

ポイント3|過去に金融取引に関わるトラブルを起こしていないか

過去に金融事故を起こしている人も審査に落ちてしまいます。審査の際には、指定信用情報機関が保有している信用情報の確認を行っています。

信用情報には、クレジットやローンなどの申込み状況や利用状況などのデータが記録されています。指定信用情報機関は金融機関からの照会があった際、信用情報の提供を行っています。

カードローンの複数同時申込みにも注意が必要

1か月に4社以上申込みすると申込みブラックとなり、これもまた信用情報に記録が残ってしまうため、どれだけ申し込んでも審査に通ることができなくなります。 1度申込みブラックになると6か月は解消されないため、注意が必要です。

信用情報は開示請求することができる

それぞれの信用情報機関が管理する情報は、下表の通りとなっています。

信用情報機関主な会員
JICC
日本信用情報機構
・消費者金融
・信販会社
CIC
割賦販売法
貸金業法指定信用情報機関
・クレジットカード会社
・信販会社
JBA
全国銀行個人信用情報センター
・銀行
・銀行系カード会社

カードローンの審査が不安な場合には、事前に信用情報の開示請求を行うことができます。共通してインターネットから情報開示の申込みをすることができますので、ホームページから詳細を確認しましょう。

JICC(日本信用情報機構)

〒110-0014 東京都台東区北上野一丁目10番14号 住友不動産上野ビル5号館 TEL:0570-055-955[公式HP]

CIC(割賦販売法・貸金業法指定信用情報機関)

〒160-8375 東京都新宿区西新宿一丁目23-7 新宿ファーストウエスト15階 TEL:0570-666-414[公式HP]

JBA(全国銀行個人信用情報センター)

〒100-8216 東京都千代田区丸の内1-3-1 TEL:0120-540-558 [公式HP]

審査が不安な方は消費者金融を検討しよう

審査に不安がある方は、消費者金融のカードローンを検討しましょう。なぜなら、銀行のカードローンと比較して審査に柔軟性があるからです。

例えば、安定した収入がある方であれば、アルバイトやパートの方もお申込みができます。

金利面においては多少高いかもしれませんが、比較的、申込対象者の間口を広く取っているのは消費者金融のカードローンです。

一方銀行カードローンは、日弁連から金融庁へ意見書が提出されたことで、カードローンに対する自主規制もされ始めましたし、2018年1月からは、審査時に警察庁のデータベースへの照会をすることになったので、審査に時間がかかってしまうのと同時に、多少シビアになる可能性も考えられます。

そのため、審査に不安がある方は消費者金融カードローンの利用を検討してみましょう。

  • 実質年率 3.0~18.0%
  • 限度額 800万円
  • 審査時間 最短25分※WEB申込の場合(申込状況によって希望に添えない場合があります)
  • 即日融資
  • 低金利
  • おまとめ
  • お試し
  • 土日祝
  • 主婦
  • 学生
  • 派遣
  • パート
  • バイト
柔軟な対応が可能なカードローンのひとつとして挙げられるのがアイフルです。スマホからでも簡単に申込みが可能です。また、原則として電話での在籍確認がありません。周囲に利用が知られたくない方に向いているカードローンです。

※主婦・学生の方は満20歳以上で定期的な収入と返済能力を有する方でアイフルの基準を満たす方

  • 実質年率 4.5~17.8%
  • 限度額 1~500万円
  • 審査時間 WEB申込なら最短25分
  • 即日融資
  • 低金利
  • おまとめ
  • お試し
  • 土日祝
  • 主婦
  • 学生
  • 派遣
  • パート
  • バイト
プロミスならカードなしのWeb完結が可能です。スマホで手続きすれば最短10秒で指定口座へ振込できます。また、無利息期間が初回借入から30日間となるため、契約後余裕を持ったご利用ができます。

おわりに

絶対に審査に通るカードローンは存在しません。 審査を行わないと謳っている業者は闇金です。いくら審査が不安だからと言っても、闇金の利用は絶対にやめましょう。

また、審査で重要視されるポイントは、以下の通りです。

    1. 安定・継続した収入があるか
    2. 他社での借入れが多くないか
    3. 過去に金融取引に関わるトラブルを起こしていないか

これらのポイントに問題がないか確認をしたうえで、カードローンへの申込みを行いましょう。

審査に不安のある方は、カードローンの中でも銀行ではなく、消費者金融を検討するといいでしょう。審査の柔軟性があり、最短で即日融資が可能なためです。

中でも、はじめてカードローンを利用する方は、アイフルプロミスがおすすめです。