【学生必見!】学生向けおすすめクレジットカード比較

学生向けおすすめクレジットカード比較

この記事でわかること

学生向けカードの選び方

学生におすすめのクレジットカード

クレジットカードの作り方

学生向けのクレジットカードは、18歳以上の学生(高校生除く)が申込可能なクレジットカードです。

学生だからこそ受けられるサービスや特典が満載の学生専用・学生向けクレジットカードをご紹介!

普通のクレジットカードよりもお得なカードが目白押しなので、学生の方は今が申し込みのチャンス!

本コンテンツには広告を含む場合があり、記事内には企業のホームページへの広告リンクを一部掲載しています。これらの広告を経由して読者が企業ホームページを訪れ、成約が発生すると弊社に対して企業から紹介報酬が支払われるという収益モデルです。
提携企業一覧

【迷ったらこれ!】学生専用ライフカード

海外利用は3%キャッシュバック!
保険付帯で旅行好きの学生におすすめのクレジットカードです。
携帯電話の支払いに使えば、抽選でAmazonギフト券が当たるチャンス!

目次

【目的別】学生向けクレジットカードの選び方

ここではクレジットカードを選ぶ際に「何を基準に選べばよいのかわからない」という方のために、目的別に選べるおすすめクレジットカードをご紹介します。  

海外旅行を計画している

海外旅行へ行く予定があるなら、海外旅行傷害保険が付帯されているクレジットカードを選びましょう。

クレジットカードに付帯する海外旅行傷害保険は、「旅行代金などを事前にカードで支払う」などの条件を満たせば保険が適用される「利用付帯」と、カードを持っているだけで保険が適用される「自動付帯」があります。

海外旅行傷害保険が自動付帯のカードを1枚持っておけば、ケガや病気のときも安心です。

海外旅行向け学生カード

海外旅行で役立つ学生向けクレジットカードの詳細については【海外旅行】人気の学生向けクレジットカード比較をご覧ください。  

ポイントを貯めたい

ポイントを貯めたいのであれば、店舗やサービスに縛られず、どこで利用してもしっかりポイントを貯められるクレジットカードがおすすめ

高還元クレジットカード
  • JCB CARD W:ポイント還元率が一般カードの2倍の1%

 

上位カードを目指したい

学生向けカードの中には、卒業や年齢などカード独自の条件を満たしたタイミングで自動的に上位カードに切り替わるものがあります。

社会人になってから初めてクレジットカードを持つときには審査に通りにくいゴールドカードも、学生のうちからクレヒスを築いていくことで早く手に入れやすくなります。

ここからは、年齢制限などがあるクレジットカードの中でも、おすすめのカードをご紹介していきます。

ランキングで比較

    • 3位三井住友カード

      三井住友カード

      • visa
      • mastercard
      • jcb
      • amex
      • dinners
      三井住友カードのおすすめのポイント!

      万が一の事故にも安心なカードを求める学生の方におすすめ!

      最高100万円まで補償してくれる「ライフ&スポーツ賠償付自転車保険」に任意で加入可能

      最高2,000万円の海外旅行傷害保険(利用付帯)・年間100万円のお買物安心保険が付帯

      • スピード発行
      • 初年度無料
      • PiTaPa
      • WAON
      • iD
      • 海外旅行保険
      三井住友カードの調査結果を見る 三井住友カードの公式サイトでチェック
    • 4位JCB CARD W

      JCB CARD W

      • visa
      • mastercard
      • jcb
      • amex
      • dinners
      JCB CARD Wのおすすめのポイント!

      高還元JCBカードを求める30代までの方におすすめ!

      18歳以上39歳以下の方が申し込み対象

      ポイント還元率は一般カードの2倍(1%)・入会後3か月間は4倍(2%)

      女性向け特典が付帯する「JCB CARD W plus L」も申し込み可能

      • 年会費無料
      • ETC
      • 家族カード無料
      • ポイント高還元
      • QUICPay
      • 海外旅行保険
      キャンペーン情報
      • 新規入会Amazon.co.jpご利用分最大10,000円キャッシュバック
        ※キャンペーン期間:2023年4月1日(土)~2023年9月30日(土)
      • 家族カード入会で最大4,000円キャッシュバック!(JCBオリジナルシリーズ共通)※

        ※参加登録期間:2023年4月1日(土)~2023年10月31日(火)

      JCB CARD Wの調査結果を見る JCB CARD Wの公式サイトでチェック
    • 5位JALカード navi

      JALカード navi

      • visa
      • mastercard
      • jcb
      • amex
      • dinners
      JALカード naviのおすすめのポイント!

      飛行機に乗る機会の多い学生の方におすすめ!

      18歳以上30歳未満の学生の方が申し込み対象

      在学中は年会費無料

      カード利用で通常の2倍のマイルが貯まる

      在学中はマイルの有効期限がなし

      • 年会費無料
      • マイレージ
      • WAON
      • QUICPay
      • 海外旅行保険
      • 国内旅行保険
      キャンペーン情報
      • 新規入会で500マイルをプレゼント!
      • 入会後翌々月末までにVisaのタッチ決済ご利用で、国内利用・海外利用それぞれ500マイルプレゼント!
      JALカード naviの調査結果を見る JALカード naviの公式サイトでチェック
    • 6位三菱UFJカード

      三菱UFJカード

      • visa
      • mastercard
      • jcb
      • amex
      • dinners
      三菱UFJカードのおすすめのポイント!

      ポイントを貯めたい学生の方におすすめ!

      在学中は年会費無料

      入会から3か月間はポイント3倍(1.5%)

      • 初年度無料
      • QUICPay
      • 海外旅行保険
      キャンペーン情報
      • 新規入会&カード利用で最大10,000円分のグローバルポイント(2,000ポイント)をプレゼント!
      三菱UFJカードの調査結果を見る 三菱UFJカードの公式サイトでチェック
    • 7位三菱UFJカード・アメリカン・エキスプレス・カード

      MUFGカード・イニシャル・アメリカン・エキスプレス・カード

      • visa
      • mastercard
      • jcb
      • amex
      • dinners
      三菱UFJカード・アメリカン・エキスプレス・カードのおすすめのポイント!

      アメックスブランドがほしい学生の方におすすめ!

      在学中は年会費無料

      入会から3か月間はポイント3倍(1.5%)・4か月目以降は海外利用でポイント2倍(1%)

      • 初年度無料
      • 海外旅行保険
      キャンペーン情報
      • 新規入会&カード利用で最大10,000円分のグローバルポイント(2,000ポイント)をプレゼント!
      三菱UFJカード・アメリカン・エキスプレス・カードの調査結果を見る 三菱UFJカード・アメリカン・エキスプレス・カードの公式サイトでチェック
      • 9位エポスカード

        silver-EPOS

        • visa
        • mastercard
        • jcb
        • amex
        • dinners
        エポスカードのおすすめのポイント!

        マルイでお買い物をする方におすすめ

        対象店舗で10%割引になる「マルコとマルオの7日間」が年4回開催

        海外旅行傷害保険が自動付帯

        最短即日発行が可能

        • 年会費無料
        • スピード発行
        • ETC
        • 家族カード無料
        • 海外旅行保険
        キャンペーン情報
        • 新規入会で2,000円相当のエポスポイントをプレゼント!
        エポスカードの調査結果を見る エポスカードの公式サイトでチェック

      学生にクレジットカードをおすすめする理由

      「学生にクレジットカードなんてまだ早いのでは?」「学生のうちからクレジットカードを使う場面ってある?」そう思っている方はいませんか?

      実は学生にもクレジットカードが活躍するシーンがたくさんあります。

      • 進学を機に1人暮らしを始めた場合の生活費の支払い
      • ドライブで遠出をするのでETCカードが必要
      • 海外旅行をするので持っていきたい
      • 買い物の機会が増えたので現金払いと併用したい
      • デート中の支払いをスマートに済ませていいところを見せたい

      などなど、交友関係や趣味が増え、カードを提示するだけで割引やサービスを受けられるものもあるので、自分に合ったカードが1枚あると便利です。

       

      学生がクレジットカードを作るメリット

      クレジットカードは現金に比べて多くのメリットがあります。

      クレジットカードのメリット

      カード利用でポイントが貯まる

      「支払いがスムーズになる」「お金の支出管理がしやすい」といったメリットがありますが、一番のメリットはポイントが付与される点。

      学生カードの多くはポイント還元率が1%です。 以下の図のように、10,000円のお買い物をすると100ポイントが付与される計算となります。

      ポイント還元のイメージ

      現金では特に見返りはありませんが、クレジットカードの場合はポイントが貯まったりキャッシュバック分が戻ってきたりといった還元が受けられます。  

       

      学生限定の特典やサービスが多い

      一般カードに切り替わるまで、在学中に限り「ポイント還元率アップ」「年会費無料」「海外旅行傷害保険が自動付帯」 といった特典やサービスが受けられる学生向けクレジットカードがあります。

      在学中のみの特典なので、学生のうちに作っておくのがおすすめです。  

       

      学生は審査に通りやすい

      学生の場合、社会人と比べると収入が少ないため信用度も低く思えますが、以外にもクレジットカードの審査に通りやすいと言われています。

      その理由としては「家族に大学などに通わせられるだけの収入が十分にある」「早いうちにカード会員になってもらい、長く使ってもらいたい」というカード会社の考えがあるようです。

      学生はクレジットカードの審査に通りやすい

      また、カードの利用者側としても若いうちからクレジットカードを作って問題なく使っていれば優良なクレジットヒストリー(クレヒス)を築くことができるため、将来ランクの高いステータスカードを持ちたい場合にも有利になります。  

       

      カードの限度額が低いので使い過ぎる心配がない

      クレジットカードの利用可能枠はひとりひとりに設定されています。

      総利用可能枠の中には、以下の図のように「ショッピングで利用できる分」と「キャッシングで利用できる分」が含まれています。

      クレジットカードの利用可能枠のイメージ

      学生のうちはクレジットカードの限度額が低めに設定されており、学生専用カードの場合、一般的な上限額は10万円程度です。

      この金額の中でやりくりしないといけないので、使い過ぎる心配はなく、必要最低限の使い方を工夫できます。

      学生がクレジットカードを申し込むときの注意点

      学生のうちはクレジットカードの利用経験が少ないので、安全に使っていくためにも以下の点に注意しましょう。  

      未成年の場合は親権者の同意が必要

      未成年がクレジットカードを作る際、親権者の同意が必要と法律で決められています

      同意書に署名をして終わるだけなら「親には内緒で、署名は友人に頼めばいいんじゃない?」と思う方がいるかもしれませんが、それは絶対にやめておきましょう!

      後から親権者宛に電話などで確認や連絡が来る場合もあるので、クレジットカードを作りたいからといって嘘をつくのは得策ではありません。  

       

      限度額の増額がしづらい

      学生向けクレジットカードや、カード会員が学生の場合、最初に設定される限度額は低く設定されていることがほとんど

      生活費やショッピングなど、1枚のクレジットカードでやりくりすると限度額に物足りなさを感じるかもしれません。

      そのようなときは限度額を増額すればよいのですが、学生だとなかなか増額しづらいようです。

      手数料のかかる支払い方法に注意

      クレジットカードは支払い方法によって金利手数料がかかる場合があります

      「リボ払い」や「分割払い」は1回の支払い金額が少額で済むため楽に感じるかもしれませんが、金利手数料が加算されて支払総額が増えることになるので注意しましょう。

      詳しくはクレジットカードの支払い方法をご覧ください。  

       

      おすすめできないクレジットカード

      学生向けや若者向けのクレジットカードの場合、基本的に十分なメリットがそろっていますが、一般向けカードを選ぶときには以下の3つの点に注意しましょう。

      おすすめできないクレジットカードの特徴
      • ポイント還元率が低い
      • 保険の補償内容が不十分
      • セキュリティが不十分

      学生向け・若者向けカードの多くはポイント還元率が1%以上あるのに対し、一般向けカードにはそれ以下のものがあります。

      また、付帯する保険の補償内容やセキュリティが不十分だと思うカードは避けるか、別のカードで補うようにしましょう。

       

      学生がクレジットカードを申し込む際のQ&A

      学生がクレジットカードを作る際、疑問に感じたり気になったりしそうな内容をまとめました。  

      Q:アルバイトなどの収入がないと申し込めない?

      A:学生向けカードでも申し込みフォームに収入を入力する欄がありますが、収入がなければ0円で問題ありません

      もちろん、名前や年収(収入)・借入金などは虚偽記載をせず、正直に入力するようにしましょう。 

       

      Q:学生向けカードっていつまで利用できるの?

      A:卒業や、そのカードの利用者として対象となっている年齢を超えたタイミングで、同じカードの上位カードへ自動的に切り替わり、新しいカードが届きます

      カードによっては一般カードに切り替えができる場合もあるので、更新時にカード会社から届く郵送物を確認しておきましょう。  

       

      Q:国際ブランドはどれを選べばいい?

      A:クレジットカードの国際ブランドには主に以下の5つがあります。

      • Visa
      • Mastercard
      • JCB
      • American Express
      • ダイナースクラブ

      この中でも「Visa」と「Mastercard」は世界中で加盟店数が多いため、1枚持っておくと安心です。 また、他の国際ブランドでもそれぞれ特典やサービスが用意されています。

      作りたいクレジットカードで国際ブランドが選べる場合は、どのブランドが自分の使い方に合っているかチェックしておくとよいでしょう。

      国際ブランドの詳細は国際ブランドとグレード(ランク)をご覧ください。  

       

      Q:クレジットカードを複数枚作ることはできるの?

      A:学生でも申し込み資格をクリアしていれば、2枚までなら問題なく作ることができます

      異なる国際ブランドのカードを複数枚持てば、使える場所の幅が広がるのでおすすめです。

      また、付帯保険を合算して使うこともできるので、海外では高額になりがちな医療費に備えることができ安心です。

      一度に2枚作るよりも、1枚目を作ってから6か月以上経った後で申し込めば、1枚目のクレジットヒストリーもある程度傷けるので審査に通りやすくなるでしょう。


      ▼2枚目のクレジットカードの選び方についてはこちらをご覧ください。

      クレジットカードは2枚目で補おう!おすすめの組み合わせ5選

       

      Q:クレジットカードの審査に落ちることはある?

      A:一般的に審査に通りやすい学生でも、「過去に本人の携帯料金など延滞が合った場合」または「親権者の信用情報に問題がある場合」 には審査に落ちるおそれがあります。

      クレジットカードの利用代金が引き落とし日に引き落とせなかった場合も、多くのカード会社では再引き落とし日が設定されており、ここで返済できれば遅延損害扱いにはなりません。

      しかし、1か月以上未払いの場合には延滞扱いとなり、61日を超えた時点で信用情報機関に金融事故者として登録されてしまいます。

      そのような状態になってしまったら、まずは滞っている返済分をきちんと清算することが大事。 完済から5年が経過すれば、自動的に事故情報は消えると言われています。


      ▼クレジットカードの審査で重要な点はこちらをご覧ください。

      クレジットカード審査徹底追跡

       

      クレジットカードの作り方

      学生が作れるクレジットカードの種類

      学生が作れるクレジットカードは大きく分けて以下の3種類。

      • 学生専用クレジットカード:在学中のみ持てるカード
      • 若者向けクレジットカード:20代中心に作れるカード
      • 一般カード:高校生を除く18歳以上が作れるカード

      特に学生専用・若者向けクレジットカードは、「年会費が無料」「付帯サービスの内容が充実している」などの特典があるのが特徴です。

       

      クレジットカード申し込みの流れ

      クレジットカードの申し込み手順は、学生向け・若者向け・一般向けで大きな違いはありません。

      今はインターネットでの申し込みが一般的で、発行までは次のような流れで行われます。

      クレジットカードの申し込みの流れ
      1. WEBの申し込み画面で申し込みたいカードを選択
      2. 必要事項を入力・本人確認書類をアップロード
      3. 審査を待つ
      4. 審査結果が通知される
      5. クレジットカード発行・受け取り

      クレジットカードの申し込みに必要な書類はどこのカード会社でもほぼ同じですが、念のため自分が加入したいカード会社の要綱を確認しておきましょう。
      本人確認書類は、データでアップロードできる場面と郵送が必要な場面があります。

      審査自体は、問題がなければ即日メールや電話で回答があり、実際にカードが手元に届くのはそれから1週間程度が標準です。

      その後、口座情報の書類提出が必要な場面もありますが、最近ではWEBで申し込むときに画面上で完了できることが多くなっています。  

       

      カード発行前に準備しておくもの

      クレジットカード発行のために準備しておくものは次の通りです。

      • 自分名義の銀行口座
      • 住所
      • 電話番号(自宅または携帯)
      • メールアドレス
      • 本人確認書類
      • 学生証
      • 書類の親権者同意欄に親の署名と印鑑20歳未満の学生の場合

      クレジットカードを作る際には自分名義の銀行口座が必要となります。

      カード利用代金の引き落とし日に確実に入金しておけるよう、生活圏内にある銀行にしておくと便利です。

      また、本人確認書類は以下の書類から2点を準備しておく必要があります。

      • 運転免許証または運転経歴証明書
      • パスポート
      • 在留カード・特別永住者証明書
      • マイナンバー(個人番号)カード
      • 各種健康保険証
      • 住民票の写し

       

      申し込みフォームに入力する内容

      申し込みフォームに入力する内容は以下のようになります。

      • 氏名
      • 性別
      • 生年月日
      • 電話番号(自宅または携帯)
      • メールアドレス
      • 住所
      • 学校名
      • 学年
      • 卒業年月日
      • 年収(アルバイト含む)
      • 親権者・実家の住所
      • 親権者・実家の電話番号など

      社会人が記載する場合の職場情報の代わりに、学生は通っている学校に関する情報を入力する項目があるのが特徴です。

      その他、学生ローンなど借入金の有無も入力する必要があります。

       

      プリペイドカード・デビットカードという選択肢

      ここまで学生向けのクレジットカードをご紹介してきましたが、「クレジットカードの審査に通るか心配……」「もっと気軽に使えるカードが欲しい」という方にはプリペイドカード・デビットカードという選択肢があります。  

      プリペイドカードの特徴

      プリペイドカードのメリット

      • 年会費無料
      • 審査不要で学生でも作りやすい
      • 口座振替の登録が不要
      • ポイントが貯まる
      • チャージした分しか使えないので、使い過ぎを防げる

      プリペイドカードのデメリット

      • チャージの手間がかかる
      • チャージした分しか使えないので、高額のお買い物には不向き
      • 国際ブランドが付いていない場合、使える場所が限られる

       

      デビットカードの特徴

      デビットカードのメリット

      • 審査不要で学生でも作りやすい
      • チャージ不要
      • 口座にある分しか使えないので、使い過ぎを防げる
      • ATMで引き出す手間がない
      • ポイントが貯まるものもある

      デビットカードのデメリット

      • 銀行口座が必要
      • ポイント還元率がクレジットカードより低い
      • 口座残高より高額のお買い物に使えない

      おすすめデビットカード

      三菱UFJデビット:国際ブランドがVisaまたはJCBから選択可能。VisaとJCBは基本0.2%のキャッシュバック。ショッピング保険や不正利用補償が付帯で安心。さらにJCBには旅行保険も付帯!

      三菱UFJ-VISAデビットの保険
      • 不正利用補償:最大年間100万円
      • ショッピング保険:最大年間100万円(自己負担額5,000円/1事故あたり)
      • 不正利用補償:最大年間500万円(1事故あたり)
      • ショッピング保険:最大年間100万円(自己負担額10,000円/1事故あたり)国内ショッピング保険の取り扱いはございません。
      • 海外旅行保険・国内旅行保険:最大3,000万円

      口コミ

      性別・年齢男性・20代
      職業学生
      加入したかったスポーツジムに入会するために必要だったから

      学生時代、スポーツをやっていたのでトレーニングのためにスポーツジムに通おうと思っていました。

      近所のスポーツジムはクレジットカードで入会金や月額を支払わなければいけなく、困っていましたが、提携のクレジットカードに年会費無料で入ることができました。

      その後、スポーツジムをやめてしまいましたが、年会費はかかりません。

      学生時代という早い段階から契約し、頻繁に利用していたおかげでポイントがどんどん貯まっていくというメリットにもなっています。

      学生時代は年会費がかからないクレジットカードに契約し、細かいものもクレジットカードで購入すれば、働き始めたときにちょっとしたお小遣い程度のポイントがつくようになるのでおすすめです。

      性別・年齢女性・10代
      職業大学生
      旅行で現金を持たずに過ごせたり、何かと便利でお得だと思ったから

      卒業旅行で海外に行くことになり、現金を持ち歩きたくなかったので、クレジットカードを作ることを決めました。

      私が作ったクレジットカードには、便利でお得なポイントがたくさんあったのも決め手の1つです。

      1つ目は、コンビニのATMでお金をおろしても手数料がかからないことです。

      学生生活ではコンビニを利用することが多いので、お金をおろす度に手数料を取られる心配がないので良いなと思いました。

      2つ目は、貯まったポイントで交換できる商品が学生でも使えるものが豊富に取り揃えられていたことです。

      例えば、ハンドクリームなどの日用雑貨、QUOカードなどの金券などです。スマホの利用料金などをクレジットカードからの引き落としにしているだけで、どんどんポイントが貯まるので、学生さんにはオススメです。

      性別・年齢男性・10代
      職業学生
      ガソリンの割引対応を受けようと思ったから

      私は車を頻繁に使用します。

      長距離を移動することも多いので、ガソリンを多く消費します。

      ガソリン代の支払いをする際、目に付いたのが現金払いとクレジットカード払いで、金額が103円ほど違うことです。

      車の使用頻度が少ない方や、小さな金額を気にしない方、現金払いにこだわっている方であればあまり気になる事ではないかもしれませんが、距離も走る、給油頻度も多い私にとってはクレジットカード払いがとても魅力的に感じました。

      たまたま用事があって銀行に出向いた際、学生カードを作らないか?と、声をかけられたのがきっかけで持ち始めました。

      親や周りの人には反対されましたが、スマートフォンが普及していて、クレジットカードの利用状況が簡単にわかる専用アプリなども充実しています。

      私がクレジットカードを選ぶ基準として、利用状況が明確に、更新頻度も高いものを考慮します。

      現在クレジットカードを2枚持っていますが、どちらも利用状況が明確にわかり、ポイントが利用すればつくので、お得です。

      ネットショッピングやガソリンを頻繁に利用される方には、クレジットカードはとても魅力的だと思います。

      性別・年齢女性・10代
      職業学生
      よくネットで商品を購入するので、手数料のかからないクレジットカードが欲しいと思った

      クレジットカードは基本的に収入がなければ発行できないので、当時学生だった私は学生向けのクレジットカードを取得しました。

      魔法のカードと言われていることあって、少し持つことが少し怖かった記憶があります。

      しかし、ネットでよく商品を購入していた私ですが、毎回毎回高い手数料を払うことが嫌になって来ました。

      周りの学校友達もクレジットカードを作った、とよく耳にするようになり、私も作ろうかなと思ったことがきっかけです。

      周りの話を聞くとやはり同じように思っていた人も多く、中には海外旅行に行く時のためにと言う人もいました。

      未だに高額なものでクレジットカードを切ることはありませんが、持っていてポイントが貯まったりもしますし、損はないと思います。

      性別・年齢女性・20代
      職業学生
      海外旅行の保険が自動でついてくるクレジットカードを選んだ

      私は初めての海外旅行で台湾に行くことになり、海外旅行保険に加入するよりもクレジットカードを作った方がいいと聞き、作ることにしました。

      たくさんのクレジットカードがあり迷いましたが、家族が持っているエポスカードがいいのではないかという話になり、マルイの店舗でエポスカードを作りました。

      学生にオススメのポイントはまず、年会費が無料だという点です。

      使うのが怖い学生は海外旅行用に持っておくだけでも十分価値があります。

      普通海外旅行に行く際は旅行会社などで数千円の保険に入る方が多いと思います。その保険が自動でついてくるのでとても便利です。

      マルイの店舗で即日発行ができるのでかなり便利です。

      学生だとキャッシング機能は使えませんが、働いている方は海外キャッシングを使って両替して、帰って来てすぐに帰す方法を使うと手数料が少なくて済むそうです。

      一人暮らしの学生は光熱費をクレジットカード支払いにするとポイントが貯まるのでいいかもしれません。

      性別・年齢男性・20代
      職業学生
      ネットショッピングをよく使いだしたので、支払いに便利

      自分が大学生になってしばらくして、ネットショッピングなどをよく使うようになりました。

      大学の友達が持ってて欲しいと思ったもの、わざわざ買いに行くことが面倒なもの、ネットでしか買えないものなど。

      大学生になりアルバイトをするようになったのでいろんなものをネットショッピングで買うようになりました。

      はじめのうちはコンビニなどで毎回支払いをしていたのですが、わざわざ毎回コンビニに行くことが面倒であり、またすぐにお金を振り込んで商品がほしい時なども多くありました。

      そのことを友人に相談するとクレジットカードを持つことを進められ、そのあとすぐまだ学生の自分でも使えるようなクレジットカードを取得しました。

      学生向けのものは学生だからこそ使いやすい特典などもあり、今では日常的に使っています。

      性別・年齢女性・20代
      職業学生
      デパートで欲しかった服を購入する際に、取得を勧められて

      20歳の時に初めて友達の結婚式に出席することになり、デパートでドレスを購入しました。当時はアルバイトをしていましたが、3万円のドレスを買うのに手持ちのお金はありませんでした。

      さらには靴とバッグもそろえなくては・・・と初めてのことでしたのでわからなかったのですが、結婚式って出席するのもお金がけっこうかかるのだなと思ってしまいました。

      総額5万円ほどのお会計を言われたときに「すみません、支払えません」と伝え諦めようとすると、デパートの店員さんにそれならクレジットカードがありますよということで、取得しました。

      20代向けのファッションデパートだったためか、審査も簡単で、その場ですぐに作れたので驚きました。

      性別・年齢女性・20代
      職業学生
      学生で収入がなくても簡単にクレジットカードを作ることができるから

      学生は収入がないので、クレジットカード作成の審査に通るのが難しいです。

      私は学生の頃にエポスカードを手に入れたのですが、申請書にかなり少ないアルバイトの収入額のみ記入しましたが、審査に通りました。

      またその頃私はよくマルイを使用していたのですが、「マルコとマルオの7日間」という期間が年に4回開催され、その間マルイでのお買い物は10%オフになります。

      セール用に出された粗悪なものではなく、いつも売られている商品の定価価格から10%オフとなり、マルイをよく使う方にはとてもお得かと思います。

      特にマルイは若い人用の洋服やアクセサリーをたくさん扱っています。

      学生にとっては、クレジットカードが作れて、更にマルイでもお得にお買い物ができるエポスカード。作って損はないかと思います。

      性別・年齢男性・20代
      職業学生
      海外旅行のために使いたかったので、学生でも作れるカードが欲しかった

      海外旅行に行く予定があり、期間も一か月程度の中期的なものであった。

      現地で使うお金を全て現金で持ち歩くのは海外での治安のこともあり、リスクが高すぎると考えて避けたかったため、盗難など、もしものことがあっても比較的安心できるクレジットカードが必要になった。

      また、違う通貨でのやりとりもクレジットカードのほうが支払いに関しては便利だと思われた。

      学生向けのクレジットカードであれば、通常のカードに比べて審査も通りやすいので学生でも手軽に作ることができため、学生向けを選ぶことにした。

      また、学生向けであれば、限度額も低く設定してあるので、旅行以外の普段のショッピングなどで利用するときでも使いすぎるリスクが低いのではないかと思われたため。

      性別・年齢男性・20代
      とにかくJCBのブランドに惹かれた。プロパーカードを持ちたかった

      海外旅行に興味がなくディズニーが好きな私だったので、JCBが必然的に選択肢に上がった。

      調べてみると提携のコンビニやスーパーでの買い物でポイントが優遇されたり、提携ガソリンスタンドでもお得に貯まる。

      公共料金の各種支払いも問題なく行えるし、何より29歳以下でお得に持てて、将来的に(あくまで理想や妄想の世界だが)カードのランクを上げて行くときに最高のカードだと思った。

      デザインも気に入ったし年会費もお得で、上記の提携店舗でのポイントが割り増しになることに加えて、EXTAGEのカードでの支払いでのポイントも通常より高い率でもらえることは魅力的だった。

      もちろんポイントで考えると他にももっといいところはあるが、将来的なこと、お得感、ブランドの見栄を総合的に考えると若い人には今しか持てない最高のカードだと思った。

      機能で絞り込める!クレジットカード検索

      条件を入力してください

      機能・特徴で選ぶ

      年会費で選ぶ

      国際ブランドで選ぶ

      カードの種類で選ぶ

      付帯カードで選ぶ

      付帯保険・補償で選ぶ

      マイレージで選ぶ

      電子マネー付帯で選ぶ

      支払日で選ぶ

      クレジットカード 会社別一覧

      銀行系
      信販系
      ガソリン
      ネット・通信系
      航空系
      鉄道系
      小売店
      人材サービス

      クレジットカード忍法帖

      クレジットカードに関する基礎知識やお得なキャンペーン情報などお得な情報も盛りだくさん。

      当サイトに関する注意事項

      1. 1.当サイトで掲載している商品情報は、すべて運営者独自の見解に基づくものです。我々は広告事業主ではなく、一方的にサービスに勧誘する目的は一切ございません。そのためサービスは、必ずお客様ご自身で判断したうえでお申し込みください。
      2. 2.キャッシング、各種ローンのお申し込みに関しては、申し込み前に熟考し計画的にご利用ください。
      3. 3.当サイトの記事に掲載している情報は、万全を期して提供するよう努めています。しかし業者が提供するサービス、または法律の変化により掲載している情報と相違が出る可能性があります。そのため内容の正確性については保証いたしかねますので、お申し込みの際は各金融機関の公式サイトに掲載されている最新情報を必ずご確認ください。
      4. 4. 当サイトが提供している情報、リンク先などでいかなる損失や損害が発生しても、当サイトでは一切責任を負いかねますのでご了承ください。
      5. 5.当サイトで公開されている情報は、予測なしに削除、変更することがございます。情報の変更、削除により生じた損害について、当サイトは一切責任を負いかねますのでご了承ください。
      6. 6.当サイトではアフィリエイトプログラムを利用し、事業者(アコム/プロミス/アイフル/JCBなど)から委託を受け広告収益を得て運営しております。